マルコの蔵まるこのくら

全ての画像を表示スライドショーで表示

マルコの蔵はどんな場所?

本当の名前は「金山町まちかど交流しせつ」

人々が集まる場所、もともとは西田商店の品物がおいてあった蔵。

東蔵は金山のとくさん品をはんばいするお店とカフェ。

西蔵はこの町の今と昔をしょうかいしている博物館。

110年前に建てられていて、大黒柱は樹れい120年。

新庄で百貨店もやっていた西田商店が、この蔵を町に寄付した。

 

 

入り口の広場は何に使う場所か?

イベントに使うことができる。

5月のゴールデンウイークには「春の金山を楽しもう」、7月「青空市」などを行っている。

 

カフェで子どもに一番人気のメニューは?

一番人気は「ロースドック」。

ロースドックには「たまねぎ」「レタス」「米のこぶた」使用している。

米のこぶたは金山町の特さん品のブタ肉。

 

 

 

所在地 〒999-5402 山形県最上郡金山町大字金山363
お問い合わせマルコの蔵
電話0233-32-1212
その他情報江戸時代の老舗の商家が所有していた「マルコの蔵」を整備したもので、ギャラリーやサロン、展示・資料室があり人と人が語らい合う交流施設です。